• 歯科医療でのマイクロスコープ

    マイクロスコープは光学顕微鏡の光学拡大とデジタルカメラなどにあるデジタル拡大を一緒にしたものをいいます。


    高画質で観察するためには、光学拡大を行います。

    光学拡大以上の拡大をする場合には、デジタル拡大を行います。

    歯科のマイクロスコープを利用してみる価値はありますよ。

    光学拡大は、光学レンズの組み合わせで、接眼レンズと対物レンズの種類や数で決まってきます。


    また、視野の大きさは光学レンズの径によって決まってきます。
    光学的拡大とデジタル解析による拡大を上手く組み合わせたものがマイクロスコープになります。


    マイクロスコープは液晶ディスプレイなどに映し出すことが出来るため、実際の画像を見ながら説明することが可能です。

    Yahoo!知恵袋情報探しのサポートをいたします。

    特に医療・工業・研究など各方面で使用されています。医療では、歯科などでは口腔内の虫歯菌などを映し出すことで、歯磨きの重要性などの啓もう活動などに利用されています。

    普通の光学レンズでは、被写体深度が浅いため、一点は鮮明でもまわりがボケてしまうことがあります。

    その点、マイクロスコープは被写体深度が深いため、特に歯科の場合には、歯の広い部分をより鮮明に映し出すことができます。

    また歯科現場では、小形のマイクロスコープを使い、直接治療をする歯を映したりして、治療前と治療後の画像を見てもらい治療の効果や状態を確認してもらうことで、より満足してもらうといった手法も用いられています。
    治療を受ける側としては、良く分からない箇所を分からないうちに治療してもらうより、明確に治療の箇所や治療後どのように変化したかを見てもらうことで、納得してもらうということもあります。